全記事」カテゴリーアーカイブ

終身雇用・新卒採用はなくならない。トヨタや経団連が何を言おうと。

2019-05-21        |  

   ご存知かと思いますが、経団連だけではなくトヨタの社長も「終身雇用を続けていくのは難しい」という発言をしたそうです。 「終身雇用守るの難しい」トヨタ社長が“限界”発言(動画が開きます。注意)  日本自動車工… 続きを読む »

リタイアへの近道は、リタイア後のライフスタイルを考えること

   私は今年限りでリタイアする目途が立っています。  リタイア後は、自然豊かな場所で低燃費な生活をしようと思っていて、そのために青梅市に低廉な建売住宅を既に購入・居住しています。あとは退職するばかりです。  … 続きを読む »

セミリタイアを30年前の「フリーアルバイター(フリーター)」現象から捉える

   もう30年くらい前になりますが、「フリーアルバイター」という言葉が流行っていました。いうまでも無く、現在言うところの「フリーター」の語源となった言葉です。  単純な職業上の肩書というより、「時間に縛られる… 続きを読む »

リタイア後に備え、クレジットカードを1枚作ることにした

   よく聞く話として、 退職後はカードが作れなくなるから、退職前に作っといたほうがいいよ。 というのがあります。  確かにその通りなのだと思います。  そこで、リタイアまで半年強を残したこのタイミング、GW期… 続きを読む »

退職後も非正規で仕事を続ける選択肢を取らなかった理由

   先日、上司に正式な退職表明を行いましたが、正式な退職への調整に入る前に、部門長から次のような確認が行われたことを書きました。 上司に正式に退職表明!そこでなされた提案とは? 現在のフルタイムとは別の形態な… 続きを読む »

昭和、平成、令和…人生を振り返ってみてその重さに気づく

   今日は、令和最初の日、時代の区切り。  でも考えてみれば、維新が起こったとか、戦争が終わったとか、株価が大暴落したとかではありません。令和になったからといって、何が変わるのかというと、皇室関係以外では多分… 続きを読む »

五木寛之『林住期』~50歳からが人生のクライマックスという話、準備せよ!

2019-04-30        |  

   日本に平成や令和といった区切りがあるように、人生にも区切りがあります。その区切りを意識することで、人生にメリハリをつけることができるかもしれません。  五木寛之はその著書『林住期』のなかで、古代インドの人… 続きを読む »

上司に正式に退職表明!そこでなされた提案とは?

   平成も残るところあと数日と迫った中、目標面接が行われ、その場でついに正式に退職表明を行いました。  退職表明とそれに伴う会話はごく短いものでしたが、極めて重要な意味を持つステップですので、今回はそのことに… 続きを読む »

終身雇用が揺らいでくると、早期リタイアは増えるんじゃないかな

   早期リタイアというものは、終身雇用へのアンチという側面が無きにしも非ず。そして、終身雇用に関する次のニュースがリタイアブログ界隈で話題になっています。 経団連会長“終身雇用を続けるのは難しい” 経団連・中… 続きを読む »

早期リタイアに失敗するのは「目的」が無いためなのか?

   今年末のリタイアにあたり、私はどのような計画を立て、準備を行ってきたかについては、これまでも詳しく述べてきました。以下はその一例です。 早期リタイアの考えに至るまで リタイア後住居の確保について リタイア… 続きを読む »

定年リタイアはよくて、早期リタイアがダメな理由⇒そう決まっているから

   日本の多くの職場には「定年」という制度があり、少なくともその年齢までは勤めあげるもんだ、というのが、社会通念になっています。  逆に、定年に達しない退職は敬遠されがち、というよりも、発想すら湧かない人が多… 続きを読む »

いつか早期リタイアを可能にする人生戦略…の一例

   私が早期リタイアを決断したのは44歳の誕生日を迎えてから半年くらい経ったころ。あと250日足らずで退職日を迎えるつもりですが、この間に行った「リタイア戦略」って、具体的に何があるかな、と考えてみました。 … 続きを読む »

春がこんなに美しいのに、会社に行かねばならぬのがもどかしい

   4月です。春です。  今、私が住んでいる東京都西部、すなわち、青梅・奥多摩・あきる野界隈は、一年で最も美しい季節を迎えようとしています。  都心部も桜の開花で盛り上がっており、あれはあれで綺麗です。でも、… 続きを読む »