退職カウントダウン200日切り。まだ先は長い。

 

 私は50歳の誕生日を終点として、退職カウントダウンを続けていて、先日、どうにか200日の区切りを迎えました。

 これまで、近況報告を兼ね、300日、250日とその感想を書いてきていますので、今回もそれにならうことにいたしましょう。

 

★退職まで200日
退職まで200日

 

退職を正式表明した後、特に動きなし

 先日(GW直前頃)、退職を正式表明しました。

上司に正式に退職表明!そこでなされた提案とは?

 あれから一ヶ月近く経ちますが、会社が私に何か言ってくるでもなく、特に動きが無い状況です。まだ半年以上も先のことであり、それ程に慌てる必要が無いためでしょうか。

 ただ、だからといって、早めに会社に伝えた意味は無かったと後悔しているわけではありません。

 言うべきことはさっさと言ったので、精神的な安堵感は大きいですし、先日行われた面接でも、辞めること前提のお話をすることが出来ました。また、私が辞めることにより今後必要になってくるであろう業務上の手当てなどを早めに検討してもらえています。

想定してなかった案件がぱらぱらと降ってくる

 これまで想定していなかった案件がぱらぱらと降ってくるのが嫌らしいです。

 大規模案件は昨年度から話が出ているので認識はしていたのですが、諸事情により突発的な中小案件が発生することがあります。そして、たちが悪いのは、この手の中小案件ほど面倒くさい条件が付いていて、サックリいかなかったりするわけです。

左・吹き出し
セイル

これとこれは自分がメインで処理して、あれとあれは後任者に引き継ぐか。。。

みたいな皮算用をしているところに、とんだ冷や水を浴びせかけられたものです。

あと200日弱とはいえ「まだまだ先」感が強い

 カウントダウンは、あと200日を切っています。年休消化を考慮すると、最終出社日まで半年も切っている計算です。

 にも関わらず、前項、前々項で述べた理由のため、

左・吹き出し
セイル

まだまだ先は長いよなぁ。。。

という気持ちが拭い切れません。

 まだ具体的な話を会社と出来ている訳でもないですし、最終出社日までの実質半年弱の間で「こなさなくてはいけない業務」を考えると、溜息が出てくるのが正直なところです。

 早期リタイアを決意したのが平成26年の6月ですから、あれからそろそろ5年。5年半に及ぶリタイア・マラソンレースの9割を間もなく消化することになります。42.195kmに直すと38km地点となりますが、残り4kmが異様に長く感じます

カードの審査が通った

 それはそうと、いいニュースもあります。

 リタイア後にカードが作りにくくなることに備え、先日、クレジットカードの作成を1枚申し込みました。

リタイア後に備え、クレジットカードを1枚作ることにした

 しばらく音沙汰が無かったので気にかかっていたのですが、無事カード到着。私自身には在籍確認などの電話はなかったのですが、どなたか電話をとったのでしょうか。あるいは長年給与の振込先銀行だったので(今は違う)、あえてそのような確認をとるまでもない、といったところでしょうか。

 ただ、せっかく届いたこのSuica機能付きのカード、定期入れに入れて改札を通過しようとすると、これまで使ってきたSuicaと干渉して、改札を通過できなくなってしまうことが判明。

 これまで使ってきたSuicaは通勤定期で使用してきたのですが、通勤定期が不要になったら、Suicaの統合を検討する必要がありそうです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑ランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。