人生の折り返し点「40代」について考える


芦ヶ久保の氷柱(埼玉県秩父郡横瀬町)】

 

 当ブログでは50歳ちょうどの早期リタイアを謳っていますが、50歳になっていきなりリタイアが可能になるわけではありません。40代のうちにここまでやったからこそ50歳での早期リタイアが可能になるんだと思っています。

 何が私をここまで突き動かしたのか。それは、40代という年代の特殊性にあったんだと思います。

 本稿では、40代とはどういう年代なのか、考えていこうと思います。

人生の折返点、人生の有限性を意識し始める

 男性の平均寿命は大体80歳ですから、その折返点は40歳です。実際に何歳まで生きるのかは不明であるにせよ、この頃を境に人生の後半戦に突入する、という意識を多くの人は持ち始めるのではないでしょうか。

 例えば45歳の人は、これまで45年生きてきたわけですが、今後同じだけ、すなわちあと45年間生きられるのかというと、その確率はあまり高くありません。たとえあと45年生きられたとしても、その最後の10年くらいは、寝たきりで満足に体も動かせない状態かもしれない。

 「自分の人生に対して与えられた時間は有限である」

 この「当たり前で誰もが知っていること」を、自らのこととして真剣に意識し始めるのが40代なのかもしれません。

 不思議です。35歳の頃、私はあんなに能天気だったのに

不惑 ~ 人生が確定してくる~

 40歳のことを別名「不惑」と言います。古代中国の書『論語』に出てくる「四十にして惑わず」がその出典です。

 でも多くの人は思うのではないでしょうか。

左・吹き出し
40になった人

40歳が惑わないなんて嘘だよ~。迷いっぱなしだよ~。

 まぁ、確かにその通り。

 その一方で、日々の些事についてはいざ知らず、人生の大きな方向性については急速に確定していって選択肢が狭まり、惑おうにも惑いようがなくなってしまうのが40代なのではないでしょうか。

 例えば、

  • 結婚をする・しない
  • 子供を持つ・持たない
  • 会社での出世競争の勝敗
  • 今の仕事を続けるのか、転職するのか
  • 住宅ローンを組むのか組まないのか

等。

 人生の重大イベントであるこれらは、大体40代が一応の区切りとなり、次の50代で方向性をひっくり返すのは、不可能ではないにせよ、なかなか骨が折れそうです(そういえば、生涯未婚率の定義は、50歳の時点における未婚者の割合でしたね)。

「中年の危機」の中心世代

 当blogが50歳早期リタイアを掲げる理由(前編)の回で、「中年の危機」という言葉を紹介しました。

中年の危機(wikipedia)

中年の危機とは、中年期特有の心理的危機、また中高年が陥る鬱病や不安障害のことをいう。

  • 自己の限界の自覚
  • 達成する事の出来なかった物事への深い失望や後悔
  • より成功した同輩・同僚に対する屈辱感・劣等感
  • 自分はまだ若いと感じたい、また若さを取り戻したいという思い
  • 自身の経済的状況や社会的ステータス、健康状態に対する憂鬱、不満や怒り

 この「中年の危機」の中心世代が40代なのは疑いの無いところでしょう。その理由としては、前項で述べた「人生が確定してくる」ことが関連していると思います。

 例えば、40代では社内の出世競争も一区切りがつき、敗者は、敗者という立場が確定してしまいます。すると、いやがおうでも自己の限界を自覚せざるを得ないし、勝者に対して複雑な感情を抱くことになるのです。

 時間も有限ですが、自らの能力・可能性も有限。一部の勝者を除き、このことも40代は実感していくことになるのでしょう。

40代では人生を主体的に確定させる

 ここで、先に述べた人生の方向性を再掲します。

  • 結婚をする・しない
  • 子供を持つ・持たない
  • 会社での出世競争の勝敗
  • 今の仕事を続けるのか、転職するのか
  • 住宅ローンを組むのか組まないのか

 私の場合、40になる直前まで、上記のことは何一つ確定していませんでした。しかし、このまま40代に突入して流されてしまっていると、どれも消極的な形で確定してしまうこともまた明白でした。

 それは、私も御多分に漏れず、自分という存在は非常に小さいものだからです。挽回するのに残された時間もあまり多くありません。

 そこで、40代になってからは、主体的に人生を確定させることにエネルギーを注いできました。それまでの自分からは想像も出来ない行動力を発揮、結婚や住宅購入が実現したのは、この賜物でした。

 一方、仕事にも(それなりに)エネルギーを注ぎましたが、これは色々あって、敗者という立場で確定してしまいました。当然、主体的に選択したものではありません

 ただ幸い、仕事における敗者の確定なんて、会社にいる間だけのことですから、会社を辞めてしまえば関係なくなります。そこで、新たに早期リタイアという立場を主体的に確定させるべく、再びエネルギーを注ぎだしたのが45歳前のことです。

 50歳を迎えて、早期リタイアという立場が確定すると、大方のことは主体的に確定させられたかな、と思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑ランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。